2015年

8月

09日

★親子で聞く「いのちのおはなし」in天童げんきっず★

生後数か月の時に出会ったママとお子様たちと久しぶりに再会でした!!

みんな2歳になる年を迎えていて、いや~~大きくなっててビックリ(#^^#)

ようやく立てるようになった頃しか知らなかったのに、今は立派に走り回れるし、意思表示もハッキリしてきて
成長していてスゴイ!スゴイ!

大人にとっては、わずかな時間の中でも、こども達は大きく成長するんですよね~~!!

そんなカワイイこども達と素敵なママたちに
親子で聞く誕生学を届けてきましたよ~~!!

みんなでま~~るくなって、最初は自己紹介タイム!
2ヶ月の赤ちゃんのママから小学2年生のママが集まってくださいました~~^^

「いつか、子どもに『どうやって生まれてきたの?』って聞かれた時に、どう答えようかと・・」
「コウノトリさんが運んできたよ!って言おうかな(笑)」
「「おれ、どうやって産まれたの?」数週間前から 息子にしきりに聞かれていたんですが、どう答えたら良いかわからなくて・・」

こどもから「誕生」を聞かれた時に、どんな風に答えるか。

大人はわかっていることでも、それをこどもに伝えようとした時に、
どんな言葉で、どんな風に伝えるか。

そのお悩みに「親子で聞く誕生学」はお答えします☆

「ママのお腹の中で何してる~~~?」
命の始まりから、産まれてくる前にお腹の中で過ごしていたこと・・
パネルを使ってお話していくと、2歳のこども達も興味津々で見てくれました~~!


いのちの最初の大きさはどれくらいだろう?

お水のなかでプカプカ浮いてたんだよ~!

お腹の中から、どうやって産まれてきたのかな~

実は・・・ママ達も知らないお話がたくさん出てきます^^
大人も一緒に「いのちの誕生」を学ぶことができますよ!

ママたちからの感想

  • 子どもが大きくなった時に、性の話をどのようにしようかと思っていました。
    今日の話を聞いて、どう話せばいいか少しわかった気がします
  • 自分の子どもの話は自分しかしてあげられなくて、とっても大切なことなのだと思いました。今はまだ小さいし、とあまり真剣に考えていませんでしたが、今回のお話を聞けて、とても良いキッカケになりました。
  • 子どもに教えやすい赤ちゃんの産まれてくる時の話や性の話、この先、いつかは聞かれる話をわかりやすく教えてもらってよかった。
  • 息子も何かしら感じ取ってくれたと思います。産まれたばかりの赤ちゃんや小さいお子さんと触れ合いながら、楽しい時間になりました。
  • 言葉の使い方が具体的かつわかりやすくて、大変勉強になった
  • 改めて命の誕生を伝える事の大切さを感じた一日でした。

    今日思いました。 もしこの子が、親が、教師が この誕生学を聞いていたら…

    自分の命は自分だけの物ではなく 自分は愛されここまで大きくなった。 私は私の意志で産まれてきた。

「親子で聞く誕生学」お申込はこちらから

参加希望大人5名以上で出張開催もしています!
お気軽にお問合せください☆
↓ ↓ ↓
親子で聞く誕生学